製品情報 PRODUCTS

セルフローティングファスナー

タグ クリンチングファスナー>セルジャパン製品

FFS-M3-1

 

 

製品説明

圧入するだけで、母材にフローティングが取付可能です。ローレット部が母材を変形流動させ、テーパー部へ母材を流し込み、強度な保持力が得られます。
従来の組立て作業時間・コストの大幅低減が図れ、組立て時のピッチずれを解消します。
セルフローティングファスナーは2重構造なので、内部のフローターが四方に約0.8mmずつ可動します。そのため、パネル板取付の穴のズレをカバーでき、簡単で美しい取材が可能です。

 

取付

従来の設備(標準プレス機)で圧入。

1、定められた取付下穴をあける。
(注)この時取付側の取付穴のバリ等の母材を削り取る処理はせず、そのまま圧入する。
2、セルフローティングファスナーのガイド部(パイロット部)を取付下穴に挿入する。
3、プレスでローレット部が相手母材と面一になるまで加圧する。
取付

 

 

信頼性

高い押抜力、回転トルクが得られます。

●圧入する事により、ローレット部が相手板材を塑性変形させ、逆テーパーになったシャンクの周囲に固定されるため、高い押抜力が得られます。
●波形状のローレット部が相手金属を波形に変位させるので、高い回転トルクが得られます。

信頼性

 

 

結果

綺麗な仕上がりです。

●プレス後の後処理は基本的に不要です。

結果

 

 

性能表

性能表

 

 

寸法表

寸法表

 

 

材質と処理

材質と処理

一覧に戻る   お問い合わせ

/
/
一般締結部品