お問い合わせ

製品情報 PRODUCTS

使用上の注意点・挿入方法について

タグ インサートナット>技術資料

挿入方法について

カタログダウンロード

インサートの挿入方法使用状況や目的は非常に多様化しており、挿入方法もそれと比例し多様化しています。
しかしインサート自体は大別した場合「成型後使用インサート」「成型時使用インサート」の2種類に分けることができ、
同様に「成型後使用インサート」の挿入方法は「拡張方式」「圧入方式」「熱圧入方式」の3種類に大別され、
「成型時使用インサート」は成型時に使用する方法のみとなります。

1.成型後インサート

挿入方法 特徴 対応製品
拡張方式 ●熱源を使用しません
●拡張するため、ボス形状にあまり影響を受けません
●拡張するさい、拡張板を下げるポンチが必要です。
ダッヂタイプ(SD・FD)
圧入方式 ●熱源を使用しません
●挿入方法として一番凡庸です
●ボス径を太くすることで、ボス割れ等に対応できます
(ボス径が調整不可能な場合、熱圧入により対応できます)
ビットタイプ(SB・FB)
ミニビットタイプ(MIB)
熱圧入方式 ●熱源を使用します
●ボス形状に影響を受けません
●樹脂を溶かしながら挿入するため強度が良好です
●インサートを加熱する器具(加熱機・ハンド式熱溶着機)が必要です
ウルトラタイプ(UD・FU)
ビットタイプ(SB・FB)
ミニビットタイプ(MIB)

2.成型時インサート

挿入方法 特徴 対応製品
成型時使用 ●成型時に使用します
●金型インサートを組み付ける個所が必要です
(組み付け部として金型ピン を使用する場合、ピン径に注意してください)
●樹脂が溶けた状態でインサートに回り込むため、強度が良好です
成型時タイプ(平目・アヤメ)

一覧に戻る   お問い合わせ

/
/
一般締結部品